薬剤師でなくても薬局で働けるか

薬剤師でなくとも薬局で働くことが出来るのか、ということについてですが、これは実は可能です。例えば、ドラッグストアでレジをすることや、薬以外のものを売るということです。この薬の販売については、登録販売者の資格があれば、第二類までの薬の販売が可能となります。ちなみに、調剤薬局ではh、医療事務の仕事についても薬剤師である必要はありません。調剤助手と言って、薬を調合するだけの仕事もあります。これは海外ではテクニシャンと言われており、一般的にかなりの普及があるのですが、日本ではあまり浸透していません。また、調剤薬局の中の様々な工程についての最終監査を薬剤師が行い、患者さんに薬を渡すといったこともあるのですが、それ以外の仕事に関しては誰でも出来るのです。薬局の仕事は、このように必ずしも薬剤師の資格がなければならない、ということがありませんので、薬科大学に通いつつ、病院や薬局においてそのような仕事での経験を積むというのも将来的なことを考えてみると役に立つことではないでしょうか。大事なのは、薬剤師になるためには何が必要なのかというところをしっかりと見極めたうえで、早い段階から準備を進めておくということになります。

コメントは受け付けていません。