恥の多い人生

「恥の多い人生をおくってきました」って思い浮かび、太宰!!ってなりますけど、ちゃんと調べたら「恥の多い生涯をおくってきました」が正解でした。
太宰修を小説でちゃんと読んだことはありません。
走れメロスとかは物語としては知っていますけどね。
あとは太宰自身の心中ネタとかですかね。
で、うえの言葉ですが。
思い出すと恥ずかしいことだらけだなって思うんですよ。
自分のミスを思い出してうわあってなります。
何年も前の話しなのに恥ずかしくなりますよ。
後悔とは違いますね。
ただたんに、自分の失敗が恥ずかしくていたたまれないのです。
自分自身が他の人のミスを思い出して、あの人は仕事が出来ない、なんて思い起こすことはありません。
だから気にする方がおかしいんですよね。

コメントは受け付けていません。