ガン検査の最前線

尿の中に混ざっている細胞を見る、尿の精密検査でガンが発見できる。
尿細胞診検査
腎盂がん、膀胱がん、尿管がんが特定できます。
膀胱の壁の奥にガンができると全部摘出することになってしまいます。
試験管に入れて遠心分離機に尿をかけるとガンの細胞が底に溜まるのでそれを顕微鏡で見てみる。
正常な細胞は青く見える、赤いのは赤血球、白いものは白血球です。
ガン化した細胞は青紫色に見えます。
尿路のガンは初期のものだと自分では全く気が付かないので尿の色では判別できない。
色が濃いとかでは関係がないということです。
保険がきくので大金がかかるわけではありませんので検査は手軽にできます。
膀胱がんは現在は温存して全摘出をしないという技術はありますので下手に恐れることはありません。