緑内障になる前に

5年に一度、節目検診をしている自治体があります。
目の圧力をはかる眼圧検査です。
眼底検査は目の網膜や視神経を調べるものです。
この二つの検査で4人に1人、緑内障など目の病気をみつけることができます。
必要最低限の検査で、これでもまだ足りないがやってくれる自治体はいいところですね。
眼圧 目の後ろにある水 水の量で圧力が決まる 柔らかさや硬さが決まります。
硬すぎると視神経を圧迫してしまって障害を受けやすくなってしまう。
眼底検査
頸動脈がおかしいというのもわかる
視神経だけおかしいと脳腫瘍など脳の病が疑われれる
健康保険がきかない12,000円から2万
最低限だと3つ
精密眼圧、 眼底 精密視野
視神経乳頭陥凹拡大
視神経繊維束欠陥
適した眼圧になるまで目薬
合う目薬を探すことが大切
一生の間、目薬は継続しなければならない。