ライフル協会の責任転嫁

アメリカで起きている銃乱射事件。
小学生の子供たちが犠牲になりアメリカでも銃の取り締まりが議論されています。
そんな中でライフ協会は「不道徳なゲームが悪い」と言い出しました。
メディア批判もあります。
自分の身や子供を守るために銃の所持は必要と訴える人たちを考えを簡単には否定できません。
しかしだからと言ってゲームが悪いなんてほかへ責任転嫁しているようにしか見えません。
たしかに銃撃して相手を倒すゲームはあります。
アメリカで作っているゲームはライフル連射のものが多いような気もします。
しかし日本は世界に誇るゲーム会社があり発展している国ですが、銃の規制がある国なので外国よりも銃による犯罪は少ないですよ。
となると日本はいい例じゃないですか。
ゲームをしている人工は世界に負けないくらい多いですよ。
ライフル協会が言うように銃をあつかうゲームが悪いのなら日本にだってもっと銃犯罪が起きているはずです。